雷が太陽光発電にもたらす思わぬ落とし穴

家の遠くに雷が落ちた
Pocket

太陽光発電への雷の影響というと、次の2つが頭に浮かびます。

①直接パネルに雷が落ちる。(直撃雷)
②近くに落ちた雷の電気が入ってきてパワーコンディショナなどの機器が故障する。
(誘導雷。「近くに落ちた雷でパソコンが壊れた」なんて話を聞いたことがありませんか?)

屋根にのせたパネルに雷が落ちたという例は、私の知る限りではありません。
太陽光発電をつけたからといって、雷が落ちやすくなることはないようです。

一方、誘導雷によってパワーコンディショナが壊れたと思われる例は、住宅ではありませんが経験しています。
ということは、住宅につけた太陽光発電でも雷の被害はありうると思います。

住宅用の太陽光発電の場合、どのメーカーも自然災害補償を用意しており、雷も対象になります。
ですので、それに加入していれば、運悪く誘導雷で壊れてしまった場合でも、費用については心配ありません。

ただし、誘導雷には機器が故障しなくても、思わぬ落とし穴があります。
それに気づいたのは、お客様からのこんな電話がはじまりでした

|誘導雷がもたらした太陽光発電への思わぬ影響

ある晴れた日のこと。
太陽光発電をつけていただいたお客様から、電話がかかってきました。

「発電モニターの表示がずっと0kWのままなんですけど、壊れたのでしょうか?」

というものです。
しっかり晴れていますので、発電してないなんてことはあり得ません。

私の頭に浮かんだのは、次の3つでした。

①パネルからパワーコンディショナまでのシステムのどこかが故障して発電していない。
②発電モニターへのデータの送信がうまく行っていない。(無線タイプのため)
③発電モニターが故障している。

システムかモニターかを判断するために、お客様にパワーコンディショナに出ている表示を見てもらうことにしました。
システムに異常がなければ、発電量が表示されています。
異常があるようなら、エラーの表示が出ています。
したがって、普通に発電量が表示されていれば、発電モニターの不具合だと判断できます。

さて、お客様に見ていただいたところ、

「アルファベットのEと数字が出ています。」

とのこと。
エラー表示です。

しかし、そのエラー番号の内容は故障ではなく、中部電力さんの電線側から電気が来ていないというものでした。
これは、停電したときに出るエラーです。
しかしもちろん、その時には停電はしていません。

ひょっとして・・・と思って、お客様に確認しました。

「太陽光発電用のブレーカーがOFFになっていませんか?」

ブレーカーの場所を伝え、お客様に確認していただきますと・・・

「あっ。OFFですね。」

ブレーカーが落ちてしまったため、太陽光発電は異常を感じて発電を止めていたわけです。

お客様から話を聞いてみると、3日ほど前に、雷が原因で停電があったとのこと。
発電モニターの記録を確認していただいたところ、やはり3日前から発電が止まっていました。
システムの故障ではなかったのですが、3日分の発電を損してしまいました。

もし発電モニターを見なかったら、次に中部電力さんから売電の明細が届くまで気づかなかったかもしれません。
そうなると、1ヶ月ほど発電しないままだった可能性も出てきます。
これは、結構たいへんなことですよね。

|太陽光発電のブレーカーは雷でOFFになることもある

太陽光発電をつけたときには、家の分電盤とパワーコンディショナの間に、必ずブレーカーをつけます。
これは、太陽光発電側で異常な電気が発生した場合に、家の中や、中部電力さんの電線まで行かないようにするためです。
逆に、中部電力さんの電線側で異常な電気が発生した場合に、太陽光発電まで行かないようにするためでもあります。

今回の例では、近くに落ちた雷の電気が入ってきてしまったようでした。
それによって、ブレーカーがOFFになってしまったのです。
もちろん、これ自体は安全のための正常なはたらきです。
でも、OFFになったことに気づかないでいると、太陽光発電は止まったままになってしまいます

|モニターやパワーコンディショナを普段から確認することが大事

家に誰かがいるときであれば、停電したことはわかりますよね。
もし停電したならば、復旧した後に太陽光発電が発電を再開しているかどうかを確認することで、発電ロスを防ぐことができます。

でも、みんな外出している間に停電していたら?
そして、誰かが帰ってきたときには、もう復旧していたら?
その場合、停電に気づきませんよね。

やはり、普段から発電モニターかパワーコンディショナの表示で、太陽光発電が発電していることを確認することが一番の対策です。
ちらっと見るだけでよいのです。
太陽光発電をつけて何年もたつと、みなさん見なくなってしまいますからね。
特に雷の時期は、まめに見た方がよいことを覚えておいてください。

Pocket