太陽光発電の4+1のメリット

屋根に太陽光発電がついている住宅
Pocket

太陽光発電を住宅につけるメリットは、4つあります。

1.電気代が減る。
2.売電収入が入ってくる。
3.停電したときに電気が使える。
4.地球環境への悪影響を減らせる。

また、お宅によっては、もうひとつのメリットが実感できるかもしれません。
この記事では、太陽光発電のメリットについて説明します。

太陽光発電のメリット1:電気代が減る

これは、太陽光発電の金銭的なメリット2つのうちの1つ目です。

太陽光発電で発電した電気は、まずは家の中で使われます。
ですので、その分、中部電力などの電力会社から電気を買わなくてすみます。
その結果、月々の電気代が下がります

太陽光発電を設置してすぐに実感できる、うれしいメリットです。

太陽光発電のメリット2:売電収入が入ってくる

太陽光発電の金銭的なメリット2つのうちの2つ目です。

太陽光発電で発電した電気は、ためておくことはできません。
(蓄電システムを別に設置した場合には、ためることができます。)
ですので、発電した量を使いきれなかった場合には、家の外に電気が流れていきます。
これは、瞬間瞬間に行われます。

たとえば、太陽光発電で5の電気を発電したときに、家の中で2の電気しか使っていなかったとします。
この場合、使いきれなかった3の電気は、そのまま電線をつたって外に流れていくというわけです。

この外に流れていった電気は、電力会社が買い取ってくれます
どれだけ流れていったかは常にメーターで測っており、1ヶ月ごとに、買い取った代金を振り込んでくれます。

これが、いわゆる「売電」収入です。
これも、太陽光発電を設置してすぐに実感できるメリットです。

太陽光発電のメリット3:停電したときの備え

台風や地震で停電した場合、太陽光発電で発電した電気を使うことができます。
これを、太陽光発電の「自立運転」機能と言います。
設置してすぐには実感できませんが、いざというときに頼りになるメリットです。

ただし、メリット2で説明したとおり、太陽光発電で発電した電気は、ためておけません。
ですので、太陽光発電で発電した電気を使えるのは、天気のよい日の発電している間ということになります。

この自立運転機能については、使い方にいくつかの制約があります。
また、ソーラー工房の経験からすると、太陽光発電を設置して一年もすれば、みなさん、この機能の使い方を忘れてしまっています。
ですので、定期的に使い方の練習をして、せっかくのメリットをムダにしないようにすることが大事です。

これについては別の記事で説明していますので、そちらも読んでみてください。
(この記事の最後にリンクを貼ってあります。)

太陽光発電のメリット4:環境負荷が少ない

太陽光発電で発電した電気を使うことによって、石油などで発電した電気を使う量を減らすことができます。
これによって、地球環境への悪影響を減らすことができます
自分で実感できるメリットではないですが、大切なメリットです。

具体的なメリットは、次の2つです。

(1)石油などの化石燃料の使用を減らすことができる。(資源を長持ちさせられる)
(2)地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素の排出を減らすことができる。

パネルや機器を作るときには、資源を使います。
何年も後に、発電しなくなって捨てるときがくれば、ゴミが出ます。

ですので、まったく悪影響がないとは言えませんが、それを上回るメリットがあると言えます。

太陽光発電のもうひとつのメリット:遮熱効果

太陽光発電のパネルを屋根に並べることによって、太陽の熱が、じかに屋根にあたらないようになります。
そのため、パネルをつけた屋根の屋根裏の温度が、いくらか下がるという効果があります。
それによって、その屋根の下の部屋の温度も下がります

暑い夏には、うれしいメリットですね。
ただし、それが実感できる程度かどうかは、設置したお宅によりけりというのが正直なところです。

ソーラー工房のお客様では、このメリットを実感しているお宅があります。
3階建てのお宅で、3階の部屋の夏場の暑さが減っているとのことです。
また、2階建てのお宅で、夏場に2階が過ごしやすくなったと言われたお宅もあります。
しかし、すべてのお客様が、実感されているわけでもありません。

このメリットについては、実感できるお宅と、それほど変わらないお宅があるようです。

まとめ:太陽光発電のメリット

住宅に太陽光発電を設置するメリットは、4プラス1つです。

1.電気代が減る。
2.売電収入が入ってくる。
3.停電したときに電気が使える。
4.地球環境への悪影響を減らせる。
5.パネルをつけた屋根の下の部屋の暑さが減る。(ただし、お宅によりけり)

この記事では、メリットの全体を簡単に説明しました。
もっと詳しく説明している記事もありますので、そちらも読んでみてください。

 

<停電したときの使い方の詳しい説明については、『停電したときに、太陽光発電は本当に使えるのか?』をご覧ください。>

 

Pocket